chevron_left

「恋愛」カテゴリーを選択しなおす

cancel

恋愛の悩み

help
恋愛の悩み
テーマ名
恋愛の悩み
テーマの詳細
人それぞれたくさんの悩みがあると思います。悩みに関しての記事をトラックバックしてください。同じ悩みを持つ方に出会い、解消できたり共有できたりすればいいと思っております。
テーマ投稿数
6,690件
参加メンバー
486人
管理人
イザ管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「恋愛の悩み」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「恋愛の悩み 恋愛ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

恋愛の悩みの記事

1件〜100件

  • 浮気・不倫と風俗通いはどちらが許せる?【女の本音を暴露】
    2022/08/13 10:25
    浮気・不倫と風俗通いはどちらが許せる?【女の本音を暴露】

    浮気・不倫と風俗通いはどちらが許せる?というテーマで考えてみました。「不貞行為」が慰謝料請求できるポイントですが、性的関係を持つ風俗店に1、2回行ったことが判明したというケースであれば、離婚原因としての「不貞」とは認められない可能性があります。頻度や期間もポイントになります。

  • 男も女も、あなたが「他の人にすること」を見ている
    2022/08/11 23:17
    男も女も、あなたが「他の人にすること」を見ている

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 「屈曲位」だと妊娠しやすい――ってホント?
    2022/08/09 22:21
    「屈曲位」だと妊娠しやすい――ってホント?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 一発で愛をフリーズしてしまう危険な「副詞」
    2022/08/06 00:39
    一発で愛をフリーズしてしまう危険な「副詞」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 058. 真夏の新宿ラウンジをハシゴして(2)
    2022/08/04 08:28
    058. 真夏の新宿ラウンジをハシゴして(2)

    このパーティーの参加人数は8人だった。 これまでは12人くらいのパーティーを選んでいたので、ちょっと少なく感じる。 その分、一人当たりのトークタイムは長くなるとのこと。 「今日も暑いですね」 パーティー開始まで時間がないので、相席の女性にもこのくらいしか言えない。 「ええ。本当に暑いですね」 そういってハンカチを頬に当てる8番さんは、たしかに暑さに参っているようで、呼吸が浅く感じられた。 グラスもすでに空になっているのに気付き、自分の分もあるので、と言って、彼女のグラスにおかわりを注いで持ってくる。 ここのドリンクはセルフサービスだった。 「ありがとうございます」 「いえ、でもこれからたくさん…

  • 遅刻した相手にかける言葉でわかる「女の器量」
    2022/08/03 22:38
    遅刻した相手にかける言葉でわかる「女の器量」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 『佐伯ポインティ』何者なの?インスタ・YouTubeでban・炎上?
    2022/07/31 09:14
    『佐伯ポインティ』何者なの?インスタ・YouTubeでban・炎上?

    YouTube【佐伯ポインティのwaidanTV】では視聴者から集めた「猥談」を ”飲み会でのエロ話” のような感じで投稿していてドハマり者続出です。

  • 彼女の体に「性具」を使いたがる男の心理
    2022/07/30 21:24
    彼女の体に「性具」を使いたがる男の心理

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 「好き」を伝える目力の使い方
    2022/07/28 19:15
    「好き」を伝える目力の使い方

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • さげまん女性の特徴40選|パートナーの成長を妨げる女性の特徴
    2022/07/27 10:31
    さげまん女性の特徴40選|パートナーの成長を妨げる女性の特徴

        さげまん女性になりたくないですよね・・・。 実はどんなに真面目に頑張っていても、気づかぬ間にさげまん体質になっていたりします。  カレン 私も、昔はさ…

  • inkrichホームページ無料作成ならインクリッチ あなたのビジネスに信頼と安心を提供いたします
  • ビッグファイブ診断とは?彼との相性テスト法
    2022/07/27 10:29
    ビッグファイブ診断とは?彼との相性テスト法

        「ビッグファイブ」という世界中で使用されている、信憑性のある心理テストをご紹介します。彼との相性、気になりませんか・・・?  カレン 私は昔、占いなど…

  • 点滅信号、彼女とだったら渡っちゃえ!
    2022/07/25 22:12
    点滅信号、彼女とだったら渡っちゃえ!

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 057. 婚活パーティー 真夏の新宿ラウンジをハシゴして(1)
    2022/07/25 08:24
    057. 婚活パーティー 真夏の新宿ラウンジをハシゴして(1)

    とりあえず回数をこなそう。 出会いの確率を上げるにはそれしかない。 真夏の日差しを真っ向から受けながら、新宿駅東南口下のエスカレーターを下っていく。 目指す場所は新宿南口ラウンジ。 初めての会場で、少し迷ってしまった。 結局、駅の改札を出てから20分ほど彷徨った後、11時ぎりぎりでなんとか到着した。 パーティーのテーマはたしか、「高身長で自慢の旦那様」どうこうだったと記憶している。 僕は特に身長が高いわけではないけど、なんとか基準を満たしていたので、参加してみることにした。 心の中では、このパーティーに参加する女性は当然、高身長男性を求めているに違いなく、基準すれすれの僕では見向きもされないだ…

  • 背中を制する者は、愛を制す
    2022/07/24 00:13
    背中を制する者は、愛を制す

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 超人気の”可愛いキャバ嬢”をオトす!イチバン効果的な方法は?<br />
    2022/07/23 01:44
  • なぜ、あなたは「愛してる」が言えないのか?
    2022/07/21 00:02
    なぜ、あなたは「愛してる」が言えないのか?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 【心の奥底の声を形にする】スペルワードオーケストラ
    2022/07/20 14:01
    【心の奥底の声を形にする】スペルワードオーケストラ

    ◆初めましての方→自己紹介(2021年版)◆現在ご提供中メニュー紹介最短最速で人生を激変:虹視力®メソッド起業のお悩み全て解決:Startup!!ビジネス講座…

  • カレの胸に飛び込むごく自然な方法
    2022/07/17 19:21
    カレの胸に飛び込むごく自然な方法

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 婚活パーティーは条件無視! フィーリングで突っ走っていいんじゃない?
    2022/07/15 08:38
    婚活パーティーは条件無視! フィーリングで突っ走っていいんじゃない?

    婚活の仕方はいくつもあって、どう進めるかも人それぞれ。 結婚相談所を利用したり、アプリを使ったり、親による代理婚活まで。 そして多くの場合、「条件」を重視します。 たとえば婚活アプリの場合、理想の条件で検索をかけて、ヒットした順に目を通していく。 というのが通常の流れ。 しかし…… これを婚活パーティーにまで持ち込んでしまう人がいます。 トークタイムで対面して、好印象を得てもなお、いざマッチングの希望提出となって一人悩むのです。 でも学歴が、職種が、年収が、年齢が……あと少し、と。 これは婚活パーティーのメリットを自ら潰してしまう、非常にもったいない行為だと思います。 婚活パーティーでは条件に…

  • なぜ、人間だけが正常位を好む?
    2022/07/14 18:34
    なぜ、人間だけが正常位を好む?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 「コンドーム」こんなに種類があったよ!用途別おすすめの商品を厳選紹介!
    2022/07/14 09:20
    「コンドーム」こんなに種類があったよ!用途別おすすめの商品を厳選紹介!

    コンドームは、避妊対策や性感染症予防などセックスには切っても切れないアイテムです。男性と女性では、求めるポイントが異なります。お互いに話し合って、ベストなコンドームを見つけてくださいね!

  • 旦那の浮気が本気になっても離婚にならないようにする方法
    2022/07/11 10:05
    旦那の浮気が本気になっても離婚にならないようにする方法

    旦那の浮気が本気になって離婚になってしまわないようにする方法は下記の2つ。「浮気が本気にならないようにする方法」「本気でも離婚にならない方法」。夫に対して憎しみはあるでしょうが、離婚したくないなら実践あるのみ。浮気調査しようがしまいがこれが重要。

  • デートの相手は、「初めて」と「いちばん」が好物
    2022/07/10 19:02
    デートの相手は、「初めて」と「いちばん」が好物

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 付き合う前の女性に「会いたい!」と思わせる”超絶テクニック”<br />
    2022/07/10 00:31
  • 「女子力」は女だけの武器じゃない
    2022/07/09 21:32
    「女子力」は女だけの武器じゃない

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • どうやってデートに誘うか
    2022/07/08 08:53
    どうやってデートに誘うか

    こんにちは。 今回はちょっと具体的なお話をしていきたいなと思っています。 デートの誘い方です(^^) 気になる方はかなり多いのではないでしょうか。 デートと一口に言っても色んな意味のデートがありますね。 初めてのデートだったり3回目くらいのちょっとフワフワした感じのデートだったり、すでに恋人同士になっていてもお互いの温度差によって色んな意味合いが含まれてくると思います。 関係性によってデートの内容も色々変わってきますが、それと同じように "誘い方" も関係性によって色々変わっていきます。 切り出し方も詰め方も、テンションも変わってきます。 なので今回は、 "初めてのデートの誘い方" に絞ってお…

  • 出会いの質を変えていこう
    2022/07/08 08:53
    出会いの質を変えていこう

    こんにちは。 恋愛一辺倒な人は、総じて中身のない人です。 中身がないから恋愛で中身を埋めようとします。 kpcpcho.hatenablog.com そういうのは、必ず相手に見抜かれます。 そしてそっと距離を置かれるわけです。 なぜならつまらないからですね。 中身のない人間との恋愛はつまらないんです。 「つまらない人」と思われないようにするためには、恋愛以外のものでまずは中身を埋めなければなりません。 中身を埋めるというと何かすごく大変なことのようにも感じるかもしれませんが、ようは "自分で自分を満足させる" ということです。 他人に自分を満足させようとした瞬間から、中身を作る努力はしなくなり…

  • 056. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(16)
    2022/07/07 08:14
    056. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(16)

    連絡が途絶えていく中で、どうしたんだろ、とは思わなかった。 Eさんが乗り気になれなかっただけだ。 残念ではあるけれど、想定済みの展開の一つ。 そう割り切れる程度には、冷静でいられた。 特定の話題からレベルを下げて一般的な話題に切り替えると、Eさんもそれに合わせるようにより一般的な話題で返してくる。 そこにはもうデート云々のかけらもないし、落ちてしまったレベルは二度と上がらない。 次第に日常的な話題も尽きてきて、やりとりの頻度はさらに下がって…… 引き際だった。 「暑い日が続くから体調に気をつけて下さいね」 僕は最後になんとも無味乾燥なメッセージを送った。 そして、今回のことを考える。 Eさんが…

  • 055. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(15)
    2022/07/03 07:37
    055. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(15)

    Eさんからの返信はすぐに来た。 駅ビルの紳士服コーナーで半袖シャツを見る手をとめ、スマホを確認する。 「こちらこそ楽しかったです。よろしくお願いします」 これまた簡単なメッセージだった。 「よろしくお願いします」のところに先への示唆を読めなくもないが、たんなる社交辞令と解釈できなくもない。 間合いを取りつつ、探っていこう…… そう思った僕は、「こちらこそよろしくです。またメールしますね!」とだけ返した。 残りの週末は所用を済ませて、次にメッセージを送ったのは週明けの職場から。 おやつのコンビニスイーツを食べながらLINEを打つ。 「またファミマのスイーツ食べてます」 返信は夜になってからで、「…

  • 彼女には「負けてやる」のが男の器量
    2022/06/30 00:15
    彼女には「負けてやる」のが男の器量

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 054. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(14)
    2022/06/29 11:06
    054. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(14)

    自宅へ帰る路線が違うので、Eさんとは駅で別れた。 まだ午後の盛りも始まったばかりで、新宿まで出てきたのに直帰するのはもったいなく感じて、デパートに立ち寄って買い物でもすることにした。 Eさんのおかげで今日の午後に開催される別のパーティーへ参加する必要がなくなった分、無駄遣いできる。 おしゃれな夏服でも買っておこう。 そう思って駅ビルのエスカレーターに向かい、乗る前に脇のスペースに入って、スマホを開く。 お礼は早い方がいいだろう。 「今日はありがとうございました。楽しい時間が過ごせました。気を付けてお帰り下さいね」 可愛いスタンプを添えて、Eさんに簡単なメッセージを送る。 彼女と別れる際、どこか…

  • 053. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(13)
    2022/06/23 10:55
    053. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(13)

    二人して、照れたような、可笑しいような、そんな仕草で視線を交わし合う。 「うまく行きませんね」 「本当に。結婚したいのに」 諦めにも似た笑みを漏らすEさんだったが、結婚、と自ら口にした彼女からは、俄然、強い「女」の気配が伝わってきた。 それは色気にも近いが、もっと現実的で、いい男をつかまえて結婚して子供を産み育ててよりよい老後を迎える、というような希望というか気迫がこもっている空気。 匂いまでしてきそうだ。 そんな彼女が魅力的に思えた一方で、結婚を重く捉えがちであることを自覚している僕は、内心、たじろぐ。 本気のEさんを受け止められるだろうか。 そこまで彼女のことを想えるだろうか。 お付き合い…

  • いま、エッチしますか? しないでポイント貯めますか?
    2022/06/20 23:19
    いま、エッチしますか? しないでポイント貯めますか?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 052. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(12)
    2022/06/18 07:42
    052. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(12)

    「結婚……そうですよね。したいですよね」 「したいです」 「パーティーではいい人に出会えませんでしたか?」 出会えていたら今日のパーティーに来てないだろ、と自分につっこみつつも、やはり気になるところで。 「そうですね、ちょっと男運、悪いかも」 またまた強力なフレーズ。 男運が悪い。 どのように悪いのだろう。 つっこみたい。 根掘り葉掘り。 これまでどんな男性を相手に、どんな恋愛をしてきたのか。 案外パーティーに通い始めたのも何か決定的な出来事があったからかもしれない。 相手の男が浮気して壮絶な修羅場を迎えたとか。 実は浮気したのは自分の方で、しかも不倫で、相手の奥さんが乗り込んできたとか。 い…

  • 顔⇒胸⇒尻、の進化論
    2022/06/16 19:02
    顔⇒胸⇒尻、の進化論

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • あなたの求める恋愛とはどんなものですか?
    2022/06/15 12:14
    あなたの求める恋愛とはどんなものですか?

    おはようございます。 恋愛は本来、とても楽しいものです。 片想いでも楽しいものです。 最終的に報われないことがあったとしてもです。 自分に納得感さえあれば、誰に何と言われようがそのまま突き進めばいいだけです。 恋愛とは本来自由なものですから(^^) 誰とどんな恋をしたとしても、恋愛という目でだけ見れば自由なはずです。 相手がどんな人であろうと、自分がどんな人間であろうと関係はありません。 大事なのは、"自分が何を重視して恋愛をしているか" それだけです。 あなたは何を大事にしたいと思っているでしょうか? たとえば「結婚すること」よりも「彼と一緒にいられること」を重視する女性がいると思います。 …

  • 051. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(11)
    2022/06/12 07:24
    051. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(11)

    「そういえばランニングが趣味なんですか」 そう言ってから僕は、ちょっとまずかったかな、と思った。 さっきEさんが「でも最近、太ってきちゃって」と顔を赤らめたことを思い出したからだ。 ダイエットの一環としてランニングをしているのかもしれない―― 彼女の答えは、悪い予想が当たってしまった。 「矛盾してるけど。甘いもの食べた後に走って、また食べるって。悪循環」 「それはそれで健康的な気も」 埒もないことを言ってしまって、「どこを走るんですか?」と慌てて繕う。 「皇居ランとか?」 「本格的なのじゃなくて、家の近所を」 「公園まで行ったりですか?」 「そうです。散歩かも」 「ははは……」 この話題はこれ…

  • 「男運のわるい女」は「売り」になるか?
    2022/06/11 23:47
    「男運のわるい女」は「売り」になるか?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 他人と上手く関われない人へ
    2022/06/09 12:48
    他人と上手く関われない人へ

    こんにちは。 最近よく見るようになった大愚元勝さんという方のYouTubeチャンネルで、『他人のしたこと、しなかったことを見るな』というテーマのお話がありました。 ある男性が、職場や友人間、妻との間で、日常的に衝突してしまったり口論になってしまうという問題で、どうしたら周りともっと良好な関係が築けるのかについて相談されている回でした。 職場では、いつもパワハラを受けている後輩をかばったのにも関わらず、なぜかさらに状況を悪化させてしまったり、プライベートでも自分の元から去っていった友人は数多く、妻ともいつも口論になってしまう。 アンガーマネジメントやコミュニケーションの本を読んで、なんとか新しい…

  • 異性として見られない人の特徴
    2022/06/09 12:48
    異性として見られない人の特徴

    こんにちは。 世の中には、優しいだけの男というのが存在します。 優しくて人となりも良い、一緒に居て気も楽。人としてはすごく好き。 「けど恋愛する相手としてはちょっとなー」 そう思われてしまう男性です。 文字通り、優しさだけしか感じられない男性のことですね。 なぜ恋愛対象として見られないのか、なぜ男として意識されないのか・・・そういうことに悩む男性もきっと多いのではないかなと思います(^-^; たいてい優しいという評価だけで終わってしまう男性は、その言葉通り "優しさしか評価するところがない" 人のことを指しています。 残酷な話ですが、「優しい人なんだけどねー」には "ほかに良いと思えるところが…

  • ベッドで彼女の耳にささやく「感じる言葉」とは?
    2022/06/08 23:19
    ベッドで彼女の耳にささやく「感じる言葉」とは?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 大失恋から立ち直れないあなたには「自分磨き」が最適解!
    2022/06/08 08:57
    大失恋から立ち直れないあなたには「自分磨き」が最適解!

    大失恋こそ「自分磨き」するチャンスです!「自分磨き」をすることで自分に自信がついてきて、自然と人としての魅力もアップしてくるはずです。内面・外面ともに自分磨きにチャレンジしてみてください。

  • どうして浮気・不倫でのセックスは感じるの?
    2022/06/07 12:03
    どうして浮気・不倫でのセックスは感じるの?

    一度だけと、割り切ってセックスしたのに、あまりにも気持ちよく感じてしまって、もう一度・・・と浮気・不倫相手との関係を切れないでいるのは、なぜなのでしょう?ドーパミンという「快感のホルモン」によって「また欲しい」「もっと深く味わいたい」と思わずにいられなくなるのです。

  • 050. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(10)
    2022/06/07 08:44
    050. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(10)

    職場の話が一段落して、次の話題に移らないと、と思っていると、後から頼んでおいたデザートが運ばれてきた。 実のところ、職場の話題はあまり盛り上がらず、次の話題は何にしようかと、多少、焦っていたところだったので、助け舟を出してもらった感じになった。 とはいえ、猶予の時間は短い。 店員さんがデザートをテーブルの上に並べ、それを食べ始めるまでのわずかな時間で、適当な話題をチョイスしなければならない。 無言のデザートタイムなんて拷問だから…… そう思いつつも、直前に感じた疑問が消えずに残っている。 それは、僕の職業だったり職場について、たいして関心を示さなかったことだ。 年収だったらプロフィールに記載し…

  • 「ガンバっている人」に「ガンバって」と言ってはいけない
    2022/06/02 18:37
    「ガンバっている人」に「ガンバって」と言ってはいけない

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 049. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(9)
    2022/06/02 10:30
    049. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(9)

    ランチも半分くらい終えた頃には、スイーツネタも尽きかけていた。 パーティー中のトークタイムからここまで、ずいぶんお世話になった。 ありがとう、スイーツ。 次のネタはもちろん仕込み済みだ。 スイーツネタから自然な流れで、話題転換を図る。 「そういえば職場ではおやつを食べづらいって言ってましたけど、ネットショップの店員さんでしたっけ?」 「そうですよー」 「そのへん、あまり詳しくないんですけど、ネット専門のお店ですか?」 「うちは実店舗もあって、そこのネット部門です」 「あぁ、なるほど。だったらITにお強いんですね」 「実はそうでもなくて、周りの人たちに教わりながら、なんとか」 「その周りの人たち…

  • ある種の女には、よく効くこともある「オヤジ力」
    2022/05/29 18:25
    ある種の女には、よく効くこともある「オヤジ力」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 亀山クンの準備よすぎるスキン装着・チン事件
    2022/05/27 23:01
    亀山クンの準備よすぎるスキン装着・チン事件

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 048. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(8)
    2022/05/27 10:42
    048. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(8)

    一階ロビーの玄関手前でEさんを待つ。 パーティーが終わって帰っていく人に、これから参加するために入ってくる人。 人通りはそこそこある。 エレベータ―が着く度に、出てくる人々を観察して、それを5回ほど繰り返した後、Eさんが現れた。 こんにちは、も変なので、ただ笑顔をつくって彼女を迎える。 「えっと、どうしましょう。時間、大丈夫ですか?」 「あ、はい。大丈夫です」 「お昼過ぎですけど、ランチでも行きますか?」 「じゃあ軽いので」 彼女のリクエストに沿うよう、近場のカジュアルなイタリアン店に向かった。 席に着くと、おすすめパスタのサラダセットを2つ注文して、先に運ばれてきた飲み物に口をつける。 「後…

  • 偶然は必然に限りなく変えられる
    2022/05/26 17:24
    偶然は必然に限りなく変えられる

    こんにちは。 "期待する" という言葉は色々な意味合いで使われることがあります。 恋愛でもよく使われますよね。 「自分の行動に共感してくれないかと期待する」 「自分の行動を喜んでくれないかと期待する」 相手に対し「○○してくれないかな」と期待するのは、それだけ彼や彼女のことを特別に思っているからです。 特別な存在だからこそ、してほしいことやこうなってほしいという願いを持ってしまうんですよね。 けれど、その期待があまりにも大きく膨れ上がってしまうと、それが叶えられなかった時の落差にひどく苦しむことにもなります。 ○○してくれなかった→自分は愛されていないんだ、嫌われているんだ こういう風に自分で…

  • 悩みを減らして恋愛を上手くこなす方法
    2022/05/26 17:24
    悩みを減らして恋愛を上手くこなす方法

    こんにちは。 恋愛の悩みは人の数だけありますが、何でもかんでも気になって仕方がないというようなタイプも世の中にはいます。 そういう人はいちいち相手の所作が気にかかってしょうがないし、相手に関わることでちょっとでも上手くいかなくなったり思う通りに事が運ばないだけで相当のストレスを感じます。 他からすれば「気にしすぎじゃない?」とか「そんなのどうしようもないんだからほっときなよ」みたいなことにまで脳をフルに使って疲れてしまうんですよね。 それではせっかくの恋愛も疲れるばかりで全然楽しめません。 勿体無いですよね。 どうしたら余計な悩みを抱えず恋愛を純粋に楽しめるようになるのか。 その答えは案外簡単…

  • 「頼み事」を繰り返せばオチる!女性がメロメロになる秘密とは?
    2022/05/26 14:18
  • 「解決策」を示したがる男 vs 「理解」「共感」を示してほしい女
    2022/05/23 23:32
    「解決策」を示したがる男 vs 「理解」「共感」を示してほしい女

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 「小さな親切」と「大きなお世話」は、似て非なるもの
    2022/05/21 22:12
    「小さな親切」と「大きなお世話」は、似て非なるもの

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 死に水を取る、人生を逆から眺め不倫を省みてみる
    2022/05/21 15:19
    死に水を取る、人生を逆から眺め不倫を省みてみる

    私が尊敬してやまない75歳のN子さんは、ある日ある行動に出ることを決意しました。それは、夫の死に水を自分が取るのか?それとも愛人が取るのか?を聞いてみるという試みです。N子さんはもう15年もの間、大きな邸宅にお手伝いさんと二人で暮らしています。同じく70代のご主人様は50代の愛人の家に入り浸ったのちに一緒に暮らしていたからです。 //

  • 今できることを探しましょう
    2022/05/21 14:07
    今できることを探しましょう

    こんにちは。 " data-en-clipboard="true">長く続く恋愛とは交渉の繰り返しでもあります。 " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">ずっとニコニコして過ごせれば何のストレスも感じなくて良いと思われるかもしれませんが、そう簡単には中々いきませんよね。 " data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">表面上は上手くいっているように見えても、必ずどちらか片方、もしかしたらどちらも何かしらの我慢を強いられているかもしれません。 " data-en-c…

  • 忙しいあなたに彼女が求めていること
    2022/05/20 14:36
    忙しいあなたに彼女が求めていること

    おはようございます。 恋愛の悩みにもいろいろなものがあります。 その中で多く見られるものの一つとして「忙しい彼への接し方」というものがあります。 仕事が忙しくてなかなか相手にされない、もしくは相手してあげられない。 時間が取れないまますれ違っていく男女っていつの時代にも多いですよね。 どうしても時間が作れない時って確かにあります。 そういう時にまで無理くり割り込ませて、会う時間を作ってもらおうだなんて女性もまず考えません。 出来る限りは理解を示したいと思うものです(^^) それがなぜ不満や不安へと変わってしまうのかといえば、やはり男性側のフォローが足りていないせいもあると思うんです。 特に付き…

  • 目先の損得に囚われない
    2022/05/20 14:36
    目先の損得に囚われない

    おはようございます。 誰かと話し合いをする際にこちらの「してほしいこと」を飲んでもらうためには、まず飲んでもらえる状況にまで持っていかなければなりません。 子供でも自然とやっていますよね。 お小遣いを上げてもらいたい時になんのタイミングも読まずいきなり「お小遣い上げてくれ!」とは言いません。 何にもない状態で無条件にこちらの要求だけ飲んでもらえるとはさすがに考えないわけです。 子供ならたとえばお買い物とか皿洗いとかちょっとしたお手伝いを重ねていって気分良くさせてからねだったりします。 最初は向こうの要望に応えるばかりで損した気分にもなりますけど、その損さえ利用する気でいればそこまで苦に感じるこ…

  • 047. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(7)
    2022/05/19 14:55
    047. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(7)

    ……マジか? もう一度、画面を見直すが、間違いなくEさんとカップリングしている。 いいなアピールがなくて、一段飛びでのカップリング成立。 う~む。 Eさんにどんな心境の変化が起こったのだろう。 あるとすれば、僕からのいいなアピールを見て、その気になったとか。 あるいは、元々がいいなアピールをくれた人にカップル希望を出す主義なのかもしれない。 自分がいいなアピールを出した出さなかったにかかわらず…… 推論は尽きないが、ひとつ確かなのは、当然といえば当然だが、彼女もカップリングしたかったということだ。 一応、僕もその候補に入れてもらったらしく、多少なりとも縁があって今回カップリングした。 そんなと…

  • ネガティブな自分、ポジティブな自分
    2022/05/19 09:23
    ネガティブな自分、ポジティブな自分

    こんにちは。 先日、『マチネの終わりに』の作者である平野啓一郎さんが唱える概念、"分人主義" という言葉に初めて触れました。 私とは何か 「個人」から「分人」へ (講談社現代新書) 作者:平野啓一郎 講談社 Amazon 簡単に言うと、一人の人間の中にはいくつもの人格(分人)があり、複数の人格の集合体が一人の人間であるということらしく・・・ 自分の中にも、たとえば会社で見せている自分とか友人に見せている自分、親に見せる自分や子どもに見せる自分などがありますよね。 それらをすべて分けて「色んな人格が自分の中にはあるのだ」と考えるのが分人主義というものになります。 私たちは常に様々な人格を使い分け…

  • 彼女の「そこ」を描写する文学
    2022/05/17 19:24
    彼女の「そこ」を描写する文学

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 恋愛上手になるための最初の一歩
    2022/05/17 16:31
    恋愛上手になるための最初の一歩

    こんにちは。 恋愛では信頼し合えるという感覚が絶対に必要になります。 絶対にです。 なぜならその感覚が芽生えない限り距離は一向に縮まらないからですね。 kpcpcho.hatenablog.com 言いたいことが気兼ねなく言えるとか、相談しやすいとか。 「きっと受け止めてくれるに違いない」という確信があるから出来ることでもあります。 逆を言えば「受け止めてくれないかもしれない」という不安要素が相手にある限り、言いにくいことはずっと言いにくいままだし、良い子でいようとかわがまま言わないでおこうとか考え始めてしまいます。 これは相手に問題がなくても起きることです。 兄弟姉妹で考えると分かりやすいか…

  • 相手に好印象を与えるLINEの送り方
    2022/05/17 16:31
    相手に好印象を与えるLINEの送り方

    おはようございます。 好きな人とのLINEのやり取りって、いくつになってもドキドキするものですよね(^^) けれどそれと同じくらい悩みもつきません。 「なんて送ろう」 「この文章変だったかな」 「面倒だって思われたかも」 「もう少し待ってから送ろうかな」 「向こうはどう思ってるんだろう」 文面からじゃ相手の顔色はうかがえませんから、いくらでも不安の種は作り出せます(^-^; 楽しい反面、ストレスも多いのがLINEの特徴ではあります。 昔LINEについてお話ししたとき、「LINEは所詮連絡ツールだ」というお話をしました。 文章で人は恋に落ちることはありません。 だから相手をこちらに振り向かせるた…

  • 情報量ゼロの相手とは恋愛できない
    2022/05/17 16:31
    情報量ゼロの相手とは恋愛できない

    おはようございます。 一対一での対話が上手く成り立たない人というのはいます。 そういう人との恋愛は困難ですが、それは何も恋愛に限った話ではないと思います。 ちゃんと言葉で会話しつつ、気持ちを言ったり気持ちを聞いたりできる関係でなければその先の進展は望めないと思うんです。 ただの情報共有ばかりだったり、ちょっとでも真面目な話をしようものならすぐに茶化されて終わったてしまったり・・・ kpcpcho.hatenablog.com 意見の擦り合わせすら出来ない上っ面の関係であれば、そもそも恋愛対象にすら到達できないかもしれません(^-^; 私たちはロボットではないので、テレパシーだけでは恋愛はできま…

  • あなたを妬む人の言葉は、なぜ汚くなるのか?
    2022/05/15 19:32
    あなたを妬む人の言葉は、なぜ汚くなるのか?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 046. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(6)
    2022/05/14 14:06
    046. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(6)

    なにかまずったかな。 天を仰ぎたい気分だった。 いや、むしろ時間を巻き戻して、トークタイムをもう一度―― できるわけもなく、肩を落とすしかない。 楽しく会話して、盛り上がったはずなのに。 カップリング後の計画まで練っていた自分が恥ずかしく、恨めしい。 「それでは続いてカップル希望の提出をお願いします! カップリングしたからといって、それが直ちに交際を意味するわけではなく――」 すっかり当てがなくなってしまった僕は、虚しさを持て余してそのアナウンスを聞いていた。 いいなアピールをくれた人に送ってみようかな…… そんな邪心が芽生える。 忙しく画面をスクロールして、いいなアピールをくれた6人のプロフ…

  • また元彼と付き合いたいと願う乙女たちへ、私が復縁を勧めない理由とは
    2022/05/13 12:31
    また元彼と付き合いたいと願う乙女たちへ、私が復縁を勧めない理由とは

    復縁を望んでいるお嬢さん、元カレ(元カノ)のことが忘れられなくて辛い思いをしている、そんな方々に読んでいただきたい記事です。先日、大型書店をうろついていたら、元彼との復縁に関する本がごっそりとワゴン積みで置いてありました。ニーズがあるからよく売れているのでしょうか?これはあくまでも個人的な考えなのですが、復縁はやめた方がいいんじゃない?って意見です。大抵のケースでは、2人の間に昔と「まったく同じストーリー」が繰り広げられる可能性が大きいからです。 www.mind-circle.com

  • 男は、あなたの「かわいいウソ」が好き
    2022/05/11 23:21
    男は、あなたの「かわいいウソ」が好き

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 045. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(5)
    2022/05/08 16:12
    045. 婚活パーティー 結婚と恋愛と自問(5)

    最初の個室に戻って、手早く隣の女性に挨拶を済ませると、タブレットに目を走らせた。 いいなアピール受付までの少しの時間を使って、Eさんのプロフィールを再確認するためだ。 カップリングして再会した後、どこかに移った場合に備えて、話題をストックしておく。 フフ、我ながら気の早いことだ。 自嘲に駆られはするが、実際問題として、彼女のデータを記憶しておけるのは今しかない。 プロフィールにしっかり書かれてあることを後からもう一度訊いてしまうと、時として大きな失点になる。 ネットショップ店員、あ、ランニングもやってて、お住まいは埼玉。出身地は…… 「お待たせしました! いいなアピールの送信をお願いします!」…

  • 頭がわるいほどアレがでかい――はホント?
    2022/05/05 19:27
    頭がわるいほどアレがでかい――はホント?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 感情的になった人とは、感情で向き合うな
    2022/05/03 17:29
    感情的になった人とは、感情で向き合うな

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 044. 自問は続くよ(4)
    2022/05/03 16:10
    044. 自問は続くよ(4)

    「どんなスイーツが好きですか?」 Eさんの「はい」に引きずられるように、思わず的を得ない問いかけをしてしまった。 「えっと、洋菓子とか和菓子とか。いろいろありますよね」 慌ててフォローを入れると、彼女は「どっちも好きだけど、洋菓子を選ぶことが多いです」と満更でもなさそうに続ける。 「毎日、コンビニスイーツ買って食べてます」 恥ずかしがりながらも微笑む彼女に、この話題を選んだ自分を褒めたくなった。 ここでのトークタイムは数分しかないのだから、この話題で突っ切って、好感度を高めてカップリングを目指そう。 そう心に決めて、話を進める。 「あ、一緒です。僕も甘いの好きなんですけど、どちらかというと洋菓…

  • 自分の恋心に自信を持ちましょう
    2022/05/02 15:13
    自分の恋心に自信を持ちましょう

    おはようございます。 またもや半年前の話になります(笑) kpcpcho.hatenablog.com 人には言えない秘密の恋をされている方に向けてお話ししましたが、周りに流されることなく自分の考えをもって判断できる賢さは誰しも必要なスキルではありますよね。 どんな恋愛にも言えることです。 恋愛は二人でするものですから(^^) あなたの目に映る彼や彼女が恋愛するのに相応しいと思える相手なら、まずはその自分の目を信じてあげることです。 社会から見ればその相手はもしかするとNOかもしれませんけど、それは一つの客観的事実に過ぎません。 ある程度その目を参考にすべき場面ももちろんありますけれど、それば…

  • 浮気・不倫の最初の出会いの場とはどんなところなの?
    2022/05/01 10:54
    浮気・不倫の最初の出会いの場とはどんなところなの?

    浮気・不倫をする最初のきっかけは、どんな場所でどんなシチュエーションなのでしょうか?アクティブな性格で、色々なことに積極的に参加するような男性は、このように出会いの場はあちこちにころがっています。浮気・不倫をする気になれば、簡単だということです。

  • 彼女の髪を1時間なでていられる男は、モテる
    2022/04/29 22:46
    彼女の髪を1時間なでていられる男は、モテる

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 男は「テリトリー」にこだわり、女は「巣」を求める
    2022/04/27 22:49
    男は「テリトリー」にこだわり、女は「巣」を求める

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • いつまで経っても距離が縮まらない理由
    2022/04/27 16:33
    いつまで経っても距離が縮まらない理由

    こんにちは。 前回こんなお話しをしました。 kpcpcho.hatenablog.com 私はあまり「諦める」というワードが好きじゃないのですが・・・ 結局はすべて自分の納得感次第なんですよね(^^) こうすべきなんて指標も答えもないわけですから、当たり前と言えば当たり前な話なのですが。 1からでも100を目指すことは出来ます。 ただ思うように進まないとやっぱりヤキモキしますよね(^-^; たとえば2人で会う仲になったり一緒にご飯に行く仲になっても、なかなかそこから先に進まないという人はいます。 "異性として意識してもらえる段階" にまで、どうやって進めていけばいいのか。 下手にアプローチすれ…

  • 片想いに疲れた時、その恋の諦め時って?
    2022/04/27 16:33
    片想いに疲れた時、その恋の諦め時って?

    こんにちは。 恋愛には求める必要のないものがあります。 確実性です。 人って現金なもので、確実性を得た途端に興味を失ったり努力を放棄し始めたりするんですよね。 求める人が多いのに反して、案外良いことって大してなかったりします。 不確実だからこそ人は努力を続けるし成長もします。 その時はその不確実な現状に不満や不安をこぼすんですけど、後で振り返ってみてみれば、"その不確実さのおかげで" 成長できたと思えることが沢山あるんです。 そんなのない!と思う人はぜひ過去を振り返ってみて下さい。 そのほとんどが不満や不安に押しつぶされて逃げ出してしまった経験のほうが多いのではないでしょうか(^^) その先に…

  • うんざりされてしまう人の特徴
    2022/04/27 16:30
    うんざりされてしまう人の特徴

    こんにちは。 ちょうど一年前にこんな記事を書いたことがありました。 kpcpcho.hatenablog.com タイミングも距離感も読まず、無鉄砲に突っ込んでいくのは出来る限りやらない方がいいと思います。 しなくていい失敗をわざわざ被る必要はないんですよね(^^) けれど逆に、どの過ぎた「リスク回避」もあまりしない方がいいとは思っています。 確実性ばかり追い求めていれば、進むものも進まなくなるからです。 そして相手の信頼を失う危険性も伴います。 恋愛は、人対人の信頼関係がある程度育たなければ成り立たない代物です。 多少なりとも心が許せる相手でなければそれ以上深い関係は望めません。 ことあるご…

  • 奢ってほしいんです!
    2022/04/27 16:30
    奢ってほしいんです!

    おはようございます。 kpcpcho.hatenablog.com 前回のブログの中で、男らしさや女らしさは "目に見える形" とは限らないという話をしました。 女性の悩みで多いのが「奢る奢らない問題」です。 「彼はいつも割り勘にしてきます」 「私には奢りたくないのでしょうか」 そんな話を聞くことが多いですが、たしかにその行動に「女としての尊厳」を傷つけられる女性は今の時代も多くいます。 というよりかは時代関係なく、そう感じる女性は多いのではないでしょうか。 ただ奢ってほしいというわけじゃなく、「自分は奢ってもらえるような女性=大切に扱われる女性なんだ」と自身の価値をそこに見出すことは確かにあ…

  • 他人にしか分からないあなたの魅力
    2022/04/27 16:30
    他人にしか分からないあなたの魅力

    こんにちは。 以前こんな話をしたことがありました。 kpcpcho.hatenablog.com もう半年以上も前の話ですね(笑) 女性の求める男性像って、目に見える形でどうこう変わるものではないと私は思っています。 エスコートしてくれるかどうかとか、奢ってくれるかどうかとか、年収いくらとか車や家を持っているかどうかとか(笑) そういうあからさまなものではなくて、実際はその奥に透けて見える「その人の本質」から図れるものだと思うんです。 ちょっと分かりにくいかもしれませんけど(^-^; たとえば男性は、一度好きになった女性が多少老けても体形が崩れても、そのせいで気持ちが揺らいだりすることはありま…

  • 背が低い男性が ”可愛い女性にモテまくる” 5つの方法とは?<br />
    2022/04/27 14:24
  • コロナ渦における婚活の意義
    2022/04/27 09:53
    コロナ渦における婚活の意義

    今回は少し真面目な題材について書きたいと思います。 たいした知見はありませんが、現下の難局にあって、自分ができることをしたいという一心で。 まず…… 人との出会いが遠慮されるのがコロナ渦。 人との出会いを求めて行動するのが婚活。 残念ながら、両者は相容れないものです。 ではどちらを優先させるかといえば、当然、コロナ渦の状況を踏まえての自粛になるでしょう。 つまり婚活はしばしのお休み。 ……なのですが。 家族と同居している方ならまだしも、一人暮らしで婚活をされていた方は、たった一人きりで、いつ終わるとも知れないSTAY HOMEを余儀なくされます。 これは想像以上に辛いことです。 まるでこの世に…

  • 乳房をめぐる父と子の戦争
    2022/04/23 21:45
    乳房をめぐる父と子の戦争

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 043. 自問は続くよ(3)
    2022/04/23 09:35
    043. 自問は続くよ(3)

    いよいよ12番の個室だ。 事前にプロフィールを見た段階でいいなと思っていた2人のうちの1人。 もう1人の7番さんは手応えが皆無だったし、他の席の人にも特に惹かれなかった。 12番の後にも13、14、15、16と4人残っているが、なんとなく期待できない。 当たりだといいな…… ガチャを引く時のような心境で中に入った。 「こんにちは」 12番のEさんは、同じ言葉を返しつつ、お辞儀をしてくれた。 でもそれは、挨拶をしたというよりも、視線が合うのを避けた感じ。 笑顔が少し引きつっていて、頬も赤みを帯びている。 一見して、慣れてないのがわかった。 32歳という、相手の僕よりもけっこうな年下であることも、…

  •  人の性格を指摘する「やさしい言い方」vs「むかつく言い方」
    2022/04/21 19:07
     人の性格を指摘する「やさしい言い方」vs「むかつく言い方」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 042. 自問は続くよ(2)
    2022/04/18 10:41
    042. 自問は続くよ(2)

    「こんにちは」 「はじめまして」 7番の個室に入って、オーソドックスなやりとりが始まる。 たまに、挨拶をするより早く相手の女性から特殊な反応をもらうことがあるが、実はこれはいい兆候で、その人なりに興味を示してくれている証拠になる。 その場で特に気付いたことがあったり、僕のプロフィールからなにかしら感じ取っている場合だ。 こちらがそうであるように、女性側だって事前に参加者のプロフィールをよく見ているのだ。 ここでは普通の挨拶から始まったので、その後の会話をリードするのは僕の役目。 「舞台お好きなんですね」 「ええ」 「最近観た中で、面白かったのはありますか?」 予定通りの順序で話を進めると、「最…

  • 人は、「美しき敗北者」に心を奪われる
    2022/04/17 19:13
    人は、「美しき敗北者」に心を奪われる

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • 恋愛・ボイルの法則=愛の濃さ×愛の対象は、常に一定
    2022/04/16 22:58
    恋愛・ボイルの法則=愛の濃さ×愛の対象は、常に一定

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・重松が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

  • これは間違ったアプローチ!?「男心を勘違いしてる…」と思われてしまう女性の特徴とは?
    2022/04/13 06:00
    これは間違ったアプローチ!?「男心を勘違いしてる…」と思われてしまう女性の特徴とは?

    恋愛に前向きな女性は、さまざまな恋愛テクニックや効果的なアプローチとは何なのかを調べて実践しているかもしれません。 ですが、そのアプローチ。本当に効果はあるのでしょうか。 自分がよかれと思っていた行動が、じつは男性からするとうれしくないものという場合もあるのです。 間違ったアプローチで恋愛のチャンスを逃すのはもったいないこと。 そこで今回は、「男心を勘違いしてる……」と男性から思われてしまう、女性の特徴について、考えていきたいと思います。 ■とにかく痩せたがっている 男性のほとんどはガリガリな女性に対して、女性としての魅力を感じていないかもしれません。 もちろ、一部の男性のなかには超細身の女性…

  • 大好きな人とずっと仲良しでいたい…♡守りたい「恋愛のルール」とは?
    2022/04/13 06:00
    大好きな人とずっと仲良しでいたい…♡守りたい「恋愛のルール」とは?

    交際期間が長くなってくると、だんだんと緊張感が薄れるのは良くも悪くも自然なことなのだと思います。 しかしその結果、相手に対してストレートな表現をして傷つけてしまったり、言ってはいけない言葉を言ってしまったりすることも……。 「親しき仲にも礼儀あり」といった言葉があるように、恋人同士であっても踏み外してはならない一線があります。 彼とずっと仲良しでいるためにも、一緒にチェックしていきましょう。 ■彼の家族や友人関係に口出しする いくら愛する恋人であっても、自分の家族や友だちのことを悪く言われたら誰しも良い気持ちにはならないですよね。 交際相手の家族や友人関係のことを悪くいうのは、絶対にNGです。…

  • 【オトナ女子】ナチュラルな振る舞いが効果的♡男性が思わず見惚れる「自然なモテ仕草」とは?
    2022/04/13 06:00
    【オトナ女子】ナチュラルな振る舞いが効果的♡男性が思わず見惚れる「自然なモテ仕草」とは?

    男性が無意識に「可愛い」「好きかも」と感じる人は、さりげなくモテる仕草を取り入れているみたい。 彼女たちのテクニックを取り入れれば、無理せず男性の気を引きやすくなるかも。 そこで今回は、男性が思わず見惚れる「自然なモテ仕草」について、考えていきたいと思います。 ナチュラルな振る舞いで、彼にアプローチしてみてくださいね。 ■口元に手をあてる 唇は男性が本能的に美しさを感じるパーツです。 メイクをする際に、リップで血色をプラスするのも唇を強調して惹きつける目的があるのだとか。 笑うときに口元に手を添えると、唇が強調されて自然と男性の視線を誘導できるでしょう。 あまりにも隠しすぎると逆効果になるので…

  • トライする価値あり!男性をドキドキさせる「チラ見せ術」とは?
    2022/04/13 05:59
    トライする価値あり!男性をドキドキさせる「チラ見せ術」とは?

    男性は原始時代から狩りをして生活をしていた名残で、ついつい獲物を本能的に追いかけてしまう生き物です。 男性の狩猟脳を刺激することであなたを追わせることができれば、気になる彼の心を奪える可能性はぐんと上がります。 それには「チラ見せ」が最適。 そこで今回は、男性をドキドキさせる「チラ見せ術」について、考えていきたいと思います。 ■「好意」をチラ見せる 文字通り、相手に対する好意をほんの少しだけ見せることです。感情表現が豊かな女性はついつい好きになった男性に「好き好き!」と猛アピールをしてしまいがちな傾向があります。 しかし、そんな風にすぐに手に入りそうな女性は男性の目には魅力的に映りません。 自…

  • 【恋愛相談】「優しい」だけじゃダメなの!?男性の心をつかむモテテクとは?
    2022/04/13 05:59
    【恋愛相談】「優しい」だけじゃダメなの!?男性の心をつかむモテテクとは?

    一般的に「モテる女性」と言えば、優しいとか、家庭的とか、そういったイメージを想像する方が多いんじゃないでしょうか? でも、それって本当なんでしょうか? 今回は、男性と女性にモテるテクニックをリサーチ。結果、モテる人って実は優しいだけじゃなく、「ちょっとしたこと」で男性の心をつかんでいることがわかりました! そんなモテテクニックをご紹介します。 そこで、今回は、「優しい」にプラスしてほしい、男性の心をつかむモテテクについて、考えていきたいと思います。 ■相手の良い所をさらっと伝えよう 「〇〇君の髪型、カッコいいね。」など、なんでも良いので貴方が素直に感じた相手の良い所を伝えてみましょう。 このと…

  • ココで差がつく!男心をつかみやすい女性の特徴とは?
    2022/04/13 05:59
    ココで差がつく!男心をつかみやすい女性の特徴とは?

    好きじゃない男性からは好意を持ってもらえるけれど、好きな人には振り向いてもらえない。そんな悩みを抱える女性は、少なくないはずです。 だからこそ、狙った相手から確実に振り向いてもらえる女性に対して、憧れることがあるかもしれません。男心をつかみやすい女性には、特徴があるんだとか……? そこで今回は、「男心をつかみやすい女性の特徴」について、考えていきたいと思います。 ■大胆なのに重くないアプローチができる 本気で好きになると「彼に好かれたい」という気持ちがはたらき、何度もLINEをしてしまうような人は多いはず。 でも、多くの男性は「あからさまに狙われている」ことが分かるアプローチを苦手に感じます。…

  • 【恋愛相談】本能的に好きになっちゃう?男性が「なぜか惹かれる女性」の特徴3つ★
    2022/04/13 05:59
    【恋愛相談】本能的に好きになっちゃう?男性が「なぜか惹かれる女性」の特徴3つ★

    恋愛をはじめる上で、相手に好感を持ってもらうことは大切なステップです。 しかし、男性の目から見て魅力的にうつるのは一体どんな女性なのかイメージがわかない、という人も多いかもしれません。 そこで今回は、男性が本能で惹かれる女性の特徴について、考えていきたいと思います。 ■清潔感がある 見た目で9割が決まるともいわれますが、男性にとっても外見の影響は大きいようです。中でも清潔感の有無は重要。 髪や肌などで清潔感を与えたいときにはツヤを大切にすると、印象が良くなります。 トリートメントにフェイスパックと、ツヤを補うアイテムを導入してみましょう。 また、悩んだら、美容師やエステティシャンなど、美のプロ…

  • 好きすぎるのも要注意かも...彼氏に対してすべきではない言動3つとは?
    2022/04/13 05:59
    好きすぎるのも要注意かも...彼氏に対してすべきではない言動3つとは?

    彼氏のことが好きで好きでたまらない。そんな気持ちは素敵でしょうし、それだけ思われている男性もきっと喜んでくれているはずです。 しかし相手のことを好きすぎるために、「彼氏に対してすべきではない言動」をしてしまう女性もいるんだとか。 その結果、大好きな彼氏と別れることになった……なんてことは、考えたくもありません。 そこで今回は、「彼氏に対してすべきではない言動3つ」について、考えていきたいと思います。 どういう言動に気をつけるべきなのか、くわしく見ていきましょう。 ■相手の気持ちを確認したくて、揺さぶる 不安になりがちな女性は、恋愛中もあれこれ不安でしょうがないでしょう。 とくに彼に好かれている…

  • 都合のいい女は、もう卒業!元カレと連絡を取り合わないほうがよい理由とは?
    2022/04/13 05:59
    都合のいい女は、もう卒業!元カレと連絡を取り合わないほうがよい理由とは?

    好きだったのに別れてしまった元カレから連絡が来て、うれしくなってしばらく連絡を取り合ったという経験はありませんか。 それだけならともかく、頻繁に会うようになったりよくない関係がつづいたりするのは、あなたのためにもならないはずです。 そこで今回は「元カレと連絡を取り合わないほうがよい理由」について、考えていきたいと思います。 ■あなたの心が乱されるから 元カレと会うと、どうしても過去の思い出がよみがえります。 デートで楽しかったこと、毎晩LINEしたり電話し合ったりしたこと、そして別れたときのこと。こういったことを思い出すたびに、いまの関係を悩んでしまうかもしれません。 元カレが何を考えているの…

  • 【恋愛相談】その気持ちキチンと伝わってる?好意をうまく伝えて彼と付き合う方法★
    2022/04/13 05:59
    【恋愛相談】その気持ちキチンと伝わってる?好意をうまく伝えて彼と付き合う方法★

    好きな男性に対して、「好きな気持ちが伝われば良いな」と思ってはいるものの、実際のところはあなたの好意が伝わらず、それどころか「俺って脈なし?」と誤解されているということも……。 そんな誤解により彼が遠ざかってしまうということを避け、好意をうまく彼に伝えて「付き合いたいな」と思われる本命になるにはどうしたら良いのでしょうか? そこで今回は、「好意をうまく伝えて彼と付き合う方法」について、考えていきたいと思います。 ■遠慮するより感謝する 好きな男性に対して、ついつい遠慮し過ぎてしまうということはありませんか? 彼が好意で手助けしてくれようとしたり誘ってくれたりしても、「悪いから」と思ってしまって…

  • 婚活パーティーで「高望み」は禁物?
    2022/04/11 21:09
    婚活パーティーで「高望み」は禁物?

    婚活パーティーへの参加が長引く原因として、よく「高望み」が挙げられています。 わかりみ深いですね(笑) たくさんの異性との出会いが待っている婚活パーティーでは、ついつい選り好みしがち。 参加したパーティーにいい人がいなければ、次のパーティーに期待して。 「次で、もっと高く」を繰り返すうち、身も心もお財布も疲弊して、婚活そのものが嫌になってしまう…… 残念ながらよくあるお話です。 それでは婚活パーティーでは理想を追い求めたりしないで、お手頃な相手とマッチングしていくのがよいのでしょうか? 個人的には、同調しかねます。 たくさんの異性と出会える婚活パ―ティーだからこそ、「高望み」が醍醐味。 そう考…

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー