chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

恋愛小説(オリジナル)

THEME help
恋愛小説(オリジナル)
テーマ名
恋愛小説(オリジナル)
テーマの詳細
オリジナル小説のなかでも「恋愛」をテーマに小説を書いている方、どうぞ参加してくださぃ。 幸せな恋愛。 可愛らしい恋愛。 切ない恋愛。 悲劇的な恋愛。 異常な恋愛。 なんでもOkです! 参加をお待ちしております♪
テーマ投稿数
11,856件
参加メンバー
336人
管理人
長澤 ゆかり管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「恋愛小説(オリジナル)」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「恋愛小説(オリジナル) 恋愛ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

恋愛小説(オリジナル)の記事

1件〜50件

  • 未亡人下宿〈3〉 障子穴の世界
    2020/10/23 02:21
    未亡人下宿〈3〉 障子穴の世界

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 未亡人下宿〈2〉 Yの字の誘惑
    2020/10/17 21:18
    未亡人下宿〈2〉 Yの字の誘惑

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい
    2020/10/15 23:14
    伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい

    きっと、恋を知らないままでよかった。伯爵令嬢のシャーロットはもうすぐ顔も知らないおじさまと結婚する。だから最後にひとつだけわがままを叶えようと屋敷をこっそり抜け出した。そこで知り合ったのは王都の騎士団に所属するという青年で——。第1話 伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい▼ランキング...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • 未亡人下宿〈1〉 大家夫人の客
    2020/10/12 01:13
    未亡人下宿〈1〉 大家夫人の客

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい
    2020/10/08 17:18
    伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい

    明日、わたしは顔も知らないおじさまと結婚するために旅立つ。だから——。伯爵令嬢のシャーロット・グレイは部屋の窓をそっと開いた。その向こうには雲ひとつない抜けるような青空が広がっている。降りそそぐ光はとてもまぶしい。きっと雨にはならないだろう。どうか今日だけは晴れますようにと天に祈った甲斐があった。準備は万端だ。この時間なら庭に使用人がいないことも確認済みだし、屋敷内から目につかない経路も調査した。今日はひとりで過ごしたいからそっとしておいて、と両親や侍女に頼むことも忘れていない。ひとつ深呼吸をして靴を履いたまま窓枠に立つと、向かいの木に飛び移り、すぐさま軽い身のこなしで音もなく庭に降りた。動きやすさを優先した簡素なドレスなのでそう難しくはない。ごめんなさい、最後のわがままを許して——。誰にも見咎められることなく...伯爵家の箱入り娘は婚儀のまえに逃亡したい

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • 不思議の穴のアリス〈8〉 ミラーの向こうの禁断の真実
    2020/10/05 08:36
    不思議の穴のアリス〈8〉 ミラーの向こうの禁断の真実

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 不思議の穴のアリス〈6〉 姉のバイト
    2020/09/24 18:23
    不思議の穴のアリス〈6〉 姉のバイト

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 繋がる 5 ~涙の写真~
    2020/09/23 14:35
    繋がる 5 ~涙の写真~

    お父さんに抱かれた後、 私はいつも虚無感に苛まれる。 『マコちゃん!今日も元気にお願いしま~す』 『…うん……』 出勤してからラストまで、 いつも指名客の予約で埋まっていた。 ナンバーワンにもなると、店長やボーイは 女の子を大事に大事に扱い、多少のわがままも 聞いてくれるよ...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • ローズマリーの詩〈37〉 若い旅立ちと老いた再会
    2020/09/20 12:13
    ローズマリーの詩〈37〉 若い旅立ちと老いた再会

     連載   ローズマリーの詩   37 小さな宴の陰で…破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。エジプトに赴任が決まった聡史と私は、結婚式を挙げ、小さな宴を挙げることになった。聡史が赴任中、私は、千里さんの部屋で子育てしながら彼の

    シランケン・重松シュタイン

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 繋がる 4 ~お父さんの愛する人~
    2020/09/19 16:54
    繋がる 4 ~お父さんの愛する人~

    一見書斎に見えるこの広い部屋の奥には、 大きな本棚を目隠しにしてベッドが置いてある。 お父さんは私の手を引いてそちらへ向かった。 私はベッドの上で、お父さんの思い通りに しなければならない。 『もっと、嬉しそうな顔をしてくれよ……真子…』 と言われれば、嬉しそうな顔をする。...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 「盆かか=交歓」の夜、妙に何が起こったのか?
    2020/09/19 13:18
    「盆かか=交歓」の夜、妙に何が起こったのか?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 不思議の穴のアリス〈5〉 彼女を指名する客
    2020/09/14 13:26
    不思議の穴のアリス〈5〉 彼女を指名する客

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 繋がる 3 ~お父さんの書斎へ~
    2020/09/12 07:37
    繋がる 3 ~お父さんの書斎へ~

    久しぶりに帰る家。 インターフォンを押して出てきたのは、 胸元ギリギリまで開けた白いブラウスに ミニのタイトスカートを穿いて 香水をプンプン匂わせた、秘書の女。 『おかえりなさい。真子ちゃん。 社長がお待ちですよ』 『……ただいま…………』 この人はたぶん私の事が嫌いだ。 ...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 願い事 50 ~母の再婚~
    2020/09/09 11:30
    願い事 50 ~母の再婚~

    先生の車で母の家に向かっていた。 『どうして…先生まで呼んだんだろう… また迷惑かけて、ごめんなさい……』 『迷惑だと思ったら来ないよ。 それに、一人で行かせるのは心配だから 呼ばれなくても一緒に来てたけどね!』 『ふふっ。ありがとう♡先生』 話してると安心する。 けど家が...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 繋がる 2 ~お父さんが待ってる~
    2020/09/09 11:30
    繋がる 2 ~お父さんが待ってる~

    『真子、寝不足?目の下凄いクマだよ💧』 『あぁ~勉強してたら寝れなくなっちゃって……』 『勉強もいいけど、お肌の状態もちゃんと チェックしないとダメだよ!』 『まだ若いから大丈夫だって~』 地元の国立大学の看護学科に入学して もうすぐ一年になる。 私が風俗嬢だって事は誰に...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 不思議の穴のアリス〈4〉 穴越しの口の愛撫
    2020/09/08 23:27
    不思議の穴のアリス〈4〉 穴越しの口の愛撫

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 繋がる 1 ~風俗嬢~
    2020/09/06 08:54
    繋がる 1 ~風俗嬢~

    プルルルル!プルルルル! 『はい…』 『マコちゃん、お客様でーす』 『……』ガチャ。 部屋の電話が鳴るとドキッとする。 受話器を置いたら、ベッドにタオルを敷き 身だしなみを整えて、重い足取りで受付に行く。 マジックミラーの小窓から客の顔を確認して 接客が始まる。 『マコちゃ...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 願い事 49 ~決められない~
    2020/09/04 08:58
    願い事 49 ~決められない~

    結局自分じゃ決められなくて、 気軽に誰かに相談出来る内容でもないし、 母は関わりたくないだろうから きっと話しても考えてはくれないし、 主治医や看護師さんに色々言われても どんどん混乱していって…… 先生に聞いてほしい!決めてほしい! と思っても、この間みたいに心配かけたり...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 不思議の穴のアリス〈3〉 新人・カエデのせつないあえぎ
    2020/09/02 23:11
    不思議の穴のアリス〈3〉 新人・カエデのせつないあえぎ

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 願い事 48 ~邪魔者~
    2020/09/01 09:54
    願い事 48 ~邪魔者~

    私は先生を追い返してしまったけど、 お節介看護師さんのお陰で、会うことができた。 母は、私が緊急入院してから 3日目にやっと連絡が取れて、 その後もメールだけで、病院には来ない…。 きっと、鬱陶しいんだと思う。 お父さんも亡くなって 血の繋がりもない子を いつまでも面倒見る...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 願い事 47 ~申し訳ない気持ち~
    2020/08/30 23:11
    願い事 47 ~申し訳ない気持ち~

    申し訳なさそうな…気まずそうな………💧 そんな雰囲気で、先生は病室に入ってきた。 私も先生と同じで、追い返してしまった 申し訳なさと、気まずさがあった。 『…体調………どうだ?…』 『うん……大丈夫……。 看護師さんに何か言われたの?』 『あぁ…うん…面会出来るけど、来れ...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 不思議の穴のアリス〈2〉 穴から飛び出す乳房
    2020/08/29 21:31
    不思議の穴のアリス〈2〉 穴から飛び出す乳房

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 願い事 46 ~バレていた~
    2020/08/25 08:09
    願い事 46 ~バレていた~

    目が重くてなかなか開かない。 頭も重い……。なんでだろう……。 あっ!…………昨日泣きすぎたからだ💧 一人で後悔していると、 『杏里ちゃん!久しぶりだね!』 と、明るく病室に入ってきたのは 前に入院した時の担当看護師さんだった。 『あっ……はい💦おはようございます』 と...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 不思議の穴のアリス〈1〉 繁華街の奥の不思議な穴
    2020/08/23 22:44
    不思議の穴のアリス〈1〉 繁華街の奥の不思議な穴

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 願い事 45 ~嫌な人間~
    2020/08/18 14:53
    願い事 45 ~嫌な人間~

    看護師さんが、先生に話してくれた。 『申し訳ありません。白川さんの面会は ちょっと難しいので、今日はお帰りいただいても よろしいですか?』 『そうですか…白川の容態は 大丈夫なんでしょうか?』 『今は意識も戻って落ち着いてるんですけど…… きっと治療が続いてたり、発作が起き...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 願い事 44 ~会いたくない~
    2020/08/17 12:13
    願い事 44 ~会いたくない~

    毎日なんだか憂うつだった…… このまま薬を飲み続けて、 病院に通い続けて、 いずれ体の中に機械を入れて、 ずっと色んな事制限されながら 色んな人の事羨んで 生きていかなきゃいけないのかなって……。 そしてある日、検査と診察の予約を 初めてすっぽかした。 病院の近くまで行った...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 処刑人ピートの憂鬱〈6〉最後の弁明、断末の祈り
    2020/08/15 23:06
    処刑人ピートの憂鬱〈6〉最後の弁明、断末の祈り

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 願い事 43 ~自分が嫌で~
    2020/08/11 09:06
    願い事 43 ~自分が嫌で~

    退院してからは、私が無理をしないように みんなが見張っていてくれた。 ともちゃんやなお君が 私の勉強に付き合ってくれたり、 先生が忙しい合間に補習してくれたり、 薬の飲み忘れがないように、 寮母さんが毎日チェックしてくれたり、 学校の理解もあって、 心臓に負担のかかりそうな...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 願い事 42 ~帰る場所~
    2020/08/11 09:05
    願い事 42 ~帰る場所~

    検査も無事クリアし、退院が決まった。 母は、用事があって来れないとのこと…。 こんなこと、想定の範囲内だ。 退院当日、私は病棟の看護師さんに挨拶をし、 母から振り込まれていたお金で会計を済ませ、 意外と増えてしまった重い荷物を持ち タクシー乗り場へ行くと、 『杏里ちゃ~ん?...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 願い事 41 ~私の味方~
    2020/08/10 15:04
    願い事 41 ~私の味方~

    二人の事信じてる。 だから自分の弱みも少しずつ見せようと思って、 私が消そうとしていた中学時代の事を話してみた。 『………暴力とか絶対許せない!!』 初めて見る、なお君の怖い表情。 『僕もね、いじめられてたんだよ。 昔から女の子とばかり遊んでたし、 仕草とか女の子みたいだっ...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 願い事 40 ~見られちゃった…~
    2020/08/09 14:57
    願い事 40 ~見られちゃった…~

    『…………ん?……中井……?    …………エェーーーー!!!』 と、ともちゃんが叫んだ瞬間 なお君がとっさにともちゃんの口を押さえて、 『こらっ💦とも!病院なんだから静かに』 そう言ってともちゃんの口に手を当てたまま病室に入った。 『ちょっと中井!!杏里に何してるのよ!...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 願い事 38 ~私だけの授業~
    2020/08/09 09:44
    願い事 38 ~私だけの授業~

    周りからどんどん取り残されてる気がして焦っていた。 みんなはいつも通り勉強したり部活したり、 休みで家に帰ったり友達とカラオケ行ったり……。 今まで普通にしてたこと、 みんなが普通にしてること、 私は出来なくなってしまって……。 外の景色を眺めながら、 早く寮に戻りたいなぁ...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 番外編 恋ではなかったはずなのに
    2020/08/09 01:05
    番外編 恋ではなかったはずなのに

    「武蔵が好きなんだ。だから、僕とつきあってほしい」 まさか七海から恋心を告白される日がくるなんて、夢にも思わなかった。 武蔵にとって彼女は恩人の娘である。その恩人が自分のせいで亡くなったことに責任を感じ、天涯孤独となった彼女と一年半ほど一緒に暮らしたが、そのときはまだプレティーンの子供だったのだ。 あれから三年半が過ぎ、再会した彼女は十六歳の女子高生になっていた。見た目はそれなりに女性らしく成長し...

    瑞原唯子

    虚空碧海 - オリジナル恋愛小説

  • 願い事 39 ~生きててほしい~
    2020/08/08 23:42
    願い事 39 ~生きててほしい~

    入院してから色々検査をして 今は薬を飲んでいる。 病院にいてモニターで監視されてるから 何かあればすぐに対応してくれる。 正直、早く退院したいって気持ちと 入院してる方が安心って気持ちと両方あった…。 『症状も落ち着いてきたから、一度退院して薬を飲みながら定期的に通院しても...

    kanan

    ものがたり♪恋愛小説。。。

  • 処刑人ピートの憂鬱〈5〉 死を覚悟の男装志願
    2020/08/07 23:53
    処刑人ピートの憂鬱〈5〉 死を覚悟の男装志願

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 処刑人ピートの憂鬱〈4〉 屈辱に濡れたフランスの花弁
    2020/08/02 15:32
    処刑人ピートの憂鬱〈4〉 屈辱に濡れたフランスの花弁

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • ローズマリーの詩〈36〉 母子像に刻まれた秘密
    2020/07/30 11:55
    ローズマリーの詩〈36〉 母子像に刻まれた秘密

     連載   ローズマリーの詩   36 母子像に刻まれた秘密破産して家の離れに間借りするおじと、出戻りの私。それぞれの愛の物語。子どもを産み、育てながら彼を待つのなら、部屋を提供すると言う千里さん。私は聡史とおじをその部屋におじは、そこで、あの母子像を見つけ

    シランケン・重松シュタイン

    「おとなの恋愛小説」倶楽部

  • 処刑人ピートの憂鬱〈3〉 公爵の処女検査
    2020/07/28 10:20
    処刑人ピートの憂鬱〈3〉 公爵の処女検査

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • そうそうない 358 2020年8月31日のこと(6)
    2020/07/28 00:01
    そうそうない 358 2020年8月31日のこと(6)

    紅茶の缶を持って立ったキッチンで、僕は暫し考えた。しかし、昔わーさんに紅茶を淹れた記憶を探しても、さっぱりだった。志歩理の記憶が確かであるならば、僕が忘れてしまって居るだけなのだろう。以前と違い、

    sazanami-h

    sazanamiの物語

  • 「機械仕掛けのカンパネラ」番外編・恋ではなかったはずなのに
    2020/07/22 15:13
    「機械仕掛けのカンパネラ」番外編・恋ではなかったはずなのに

    「武蔵が好きなんだ。だから、僕とつきあってほしい」まさか七海から恋心を告白される日がくるなんて、夢にも思わなかった。武蔵にとって彼女は恩人の娘である。その恩人が自分のせいで亡くなったことに責任を感じ、天涯孤独となった彼女と一年半ほど一緒に暮らしたが、そのときはまだプレティーンの子供だったのだ。あれから三年半が過ぎ、再会した彼女は十六歳の女子高生になっていた。見た目はそれなりに女性らしく成長したものの、口を開けばあのころのままで、そのせいか不思議と認識が変わることはなかった。「悪いが、おまえのことを恋愛対象として見たことなくて」「そんなのわかってるよ。これからそう見てくれないかなって話」「…………」そう言われても、冷静に考えてつきあうべきではないだろう。彼女とは親子ほど年が離れているし、何より武蔵はまだこの国に認...「機械仕掛けのカンパネラ」番外編・恋ではなかったはずなのに

    瑞原唯子

    瑞原唯子のひとりごと

  • 処刑人ピートの憂鬱〈2〉 フランス軍を奮い立たせた女
    2020/07/20 13:26
    処刑人ピートの憂鬱〈2〉 フランス軍を奮い立たせた女

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 処刑人ピートの憂鬱〈1〉 火刑の火は、なぜ、止められた?
    2020/07/14 22:55
    処刑人ピートの憂鬱〈1〉 火刑の火は、なぜ、止められた?

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 花嫁の「消えた15分」
    2020/07/08 13:24
    花嫁の「消えた15分」

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • ワタシからアナタへ送る言葉(2)
    2020/07/01 21:29
    ワタシからアナタへ送る言葉(2)

    7月になりました。 6月最終日の昨日、とても恥ずかしいブログを書きました。説明のお時間をください。『ワタシからアナタへ送る言葉』 https://nobibi.hatenablog.com/entry/2020/06/30/222326 昨日夜中、替え歌を作っていました。 あの有名な曲です。 上げたい!と思いましたが、著作権上どうなのかと思い、やめました。 代わりに上げたブログがそちらです。 (替え歌からいろいろあってそうなりました)朝起きたら、我に返って削除するだろうと思いましたが、思いの外いいねをいただけ今に至ります。 "ワタシ"と"アナタ"がそれぞれ何か分かりましたか。 "ワタシ"=私の…

    nobibi

    ADHD×ASD女の生活のあれこれ

  • A I ロボ・ジゴロ1号〈3〉 人間にしかできないこと
    2020/07/01 19:37
    A I ロボ・ジゴロ1号〈3〉 人間にしかできないこと

    「愛」の「不純さ」を知ってこそ、「愛」の「純粋さ」に思い至ることができる。人間関係に関する著作を手がけるエッセイスト・長住哲雄が、「愛って何?」を、科学的、文学的、ときどき叙情的(?)に解き明かす恋愛論ブログです。

    シランケン・重松シュタイン

    シランケンの不純愛講座

  • 不食継続で気の動きが解ります。
    2020/06/27 20:41
    不食継続で気の動きが解ります。

    不職歴5年のKagamiです。 不食日記(2020年6月14日) 【朝】なし 【昼】なし 【夜】なし 今日は何も食べませんでした。 体の消耗感はないのですが、 何故かサボっております。 www.throw25.com 不食が続くと五感から 目に見えない存在が在ることに気が付いてきます。 微細な動きに気付いてきます。 気の動きも解ってきます。 この本を読んで、 不食を実践するようになりました! この本にはエネルギーが込められてます。 食べそうになると、戒めのために読んでいました。 まさにバイブルです。 // リンク 応援クリックお願いします。 にほんブログ村

    kagami

    不食でflowに生きる

  • 不食ハイは、心が軽くなって食べる以上の心地よさがあります。
    2020/06/27 20:41
    不食ハイは、心が軽くなって食べる以上の心地よさがあります。

    不職歴5年のKagamiです。 不食日記(2020年6月15日) 【朝】なし 【昼】肉野菜炒め、アイスコーヒー 【夜】なし 今朝は早くから用があってお出かけておりました。 食事はしておりません。 食べる以上の心の軽さを感じてました。 体が軽くなって重さを感じなくなっておりました。 別ルートの存在があることを感じてます。 今日の睡眠時間は2時間でしたが、 朝はスッキリ目を覚ますことができました。 睡眠時間は2時間あれば充分のような気がします。 一旦意識を切れば良いのです。 2時間の睡眠があれば、 疲れも解消してスッキリ目覚めることができます。 短時間睡眠で良いのは不食冥利に尽きます。 お昼になっ…

    kagami

    不食でflowに生きる

  • 不食日記で体に滞るものがないので、天に繋がってる?
    2020/06/27 20:41
    不食日記で体に滞るものがないので、天に繋がってる?

    不職歴5年のKagamiです。 不食日記(2020年6月16日) 【朝】なし 【昼】なし 【夜】なし 体が滞るものがないので天に繋がってるような感じがします。 体調はいつもと変わりありません。 深く私自身の深層意識に滞在しております。 深く私を掘り下げた処です。 ボ〜ッとしてる時、半覚醒半睡眠の世界に滞在してるのか、 現実の世界ではない感覚になります。 これは瞑想にも通じるかと思います。 意識が拡大してきますので、 これは良い場合と悪い場合があります。 周りの環境に敏感になりますので、 匂いも敏感になってきます。 良い匂いなら問題ないのですが、嫌な匂いもあります。 私と対面してる人で、 どの様…

    kagami

    不食でflowに生きる

  • 人類を救う霊性と食の秘密は本当なの?
    2020/06/27 20:41
    人類を救う霊性と食の秘密は本当なの?

    不職歴5年のKagamiです。 不食日記(2020年6月22日) 【朝】アイスコーヒー、ビスケット3枚 【昼】カップ蕎麦、 【夜】なし 久し振りに日記を書きました。 固形物は撮ってませんが、フルーツでプラム、スイカ、キウイフルーツをいただいておりました。 人類を救う霊性と食の秘密が面白いです、抜粋いたしました。 小食はどうやら、肉体や精神に影響を及ぼすだけではなく、霊性にまで影響を与えると書かれてます。 修験道の道は聖徳太子が誕生した直後に生まれ続日本書紀に記録としてあります。 目次 修験道の開祖である役小角(えんのおづぬ) 陽勝という僧。 また、白山修験道の開祖として知られる泰澄 修験道は、…

    kagami

    不食でflowに生きる

  • 不食をする時は水と塩、それに加えて飴も舐めた方がいいんですか?
    2020/06/27 20:41
    不食をする時は水と塩、それに加えて飴も舐めた方がいいんですか?

    不職歴5年のKagamiです。 不食日記(2020年6月22日) 【朝】なし 【昼】日清のカップ蕎麦、アイスコーヒー 【夜】なし 目次 食べなければ喉が乾きません。 5年位前、不食中の時、 その後リフォームの営業を始めましたが、その時も不食中でした。 自宅にストックしてる食材はありません。 食べなければ喉が乾きません。 お水は食べた物を消化するために必要です。 消化する物がなければ水分は僅かな量で済みます。 ボトル2本くらいで済みます。 5年位前、不食中の時、 リフォームの営業で外回して歩いておりました。 夏日で気温が33°の時もありました。 その時も飲んだお水はボトル2本くらいです。 夏の暑…

    kagami

    不食でflowに生きる

カテゴリー一覧
商用